基礎代謝率と脚痩せの関連性

現在はエステで採用されている美容術は数多くあり、一昔前よりもその効果は飛躍的に高くなってきています。
特にキャビテーションや骨盤ダイエットなどが人気で、驚きの効果を実感することが出来るでしょう。 通常は速やかに排出させなければ身体の中に溜まってしまっている老廃物や毒素はいけません。
しかし現代の人は汗をかくケースが少なく、体内にどうしても老廃物や毒素が排出しづらくなってそのまま溜まってしまっているのです。

 

脚痩せをすることが体内に老廃物や毒素が蓄積されてしまっていることで難しくなってしまいます。
その結果下半身の様々な部位もいまいち結びつかないという状況が考えられているのです。脚痩せを今まで以上に効果的にするために基礎代謝の高い身体を作ることが脚痩せをするための基礎代謝率というのは、大きなポイントの一つとなります。
手足の末端の冷え、または便秘は基礎代謝の低下が関係していることが多くなっており、基礎代謝の低下の原因は運動不足や年齢によるものと考えることが出来ます。



基礎代謝率と脚痩せの関連性ブログ:19/06/22

ご飯制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのようなシェイプアップ法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

わたしの友達は、
目標体重に向けて
無理なご飯制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は日々身体がだるく、フラフラしている感じがして、
身体の調子を崩してしまったそうです。

友達は、
カロリーのことばかり考えて
シェイプアップをしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいにシェイプアップできるように、
ご飯の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端なご飯制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人のご飯というのは、
午前中食はコーンフレークだけ、
昼食はヨーグルトくだものと、カロリーメイト、
夕方はおかずだけというような食生活でした。

このようなご飯でやり始めて、
一週間で6`も体重が減少したそうです。

しかし、
午前中食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食を腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理なご飯制限で体重を減らしても、
身体を悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。